我が子の安全を守るには

働く女性が家と仕事を両立させたい場合、最も重要になるのが子供の存在である。子供の年齢によって、接し方や一緒にいる時間も変わるため、問題を一緒くたにせずその都度思考する事が大切だ。

例えば子供が小学生の場合、働く女性が守るべきなのは子供の安全である。既に学校に通っていれば日中預ける施設は必要ないが、帰宅した後に留守番を任せる場合防犯は何よりも重要だ。防犯上重要な要素といえば住宅に搭載されているセキュリティである。安心して仕事と家庭を両立したいのなら、まず家族全員で暮らす場所を良く吟味する事が大切だ。特にマンションの中には、最新のセキュリティシステムを搭載している場所があるため、こうした場所に入居すればまず最低限の安全が守られるだろう。

賃貸住宅ではなく持ち屋を購入する際は家族の好きなセキュリティを搭載できるため、より一層便利だ。なかには住人の呼び出しに応じて警備会社が駆けつけてくれるセキュリティも存在している。こうしたセキュリティを家につけるのが難しい場合、両親の家に近しい場所で暮らすのが一番だ。もしも働く女性の帰宅が遅くなって子供の留守番時間が延びる場合、実家に預けていれば防犯も防災も守られるだろう。

残業時間が押したり、忙しすぎて食事を考える暇もなくなれば、子供の生育に多大な影響を与えてしまう。そうした面でも、両親の存在は欠かせないのだ。もしも両親が子供を見続ける事にストレスを感じた場合、ある程度謝礼の金一封などをあげたりとそれなりの配慮が大切である。